987 ポルシェ ボクスター 警告灯点灯 ギアモニター

ポルシェ987の「ギアガカミアッテイマセン」の修理です。

赤文字のALLカタカナは悪意しか感じません。笑

車両テスト実施

車側は故障と認識していないので故障記録はなしです。

各ステータス確認。

メータパネルとステータスを睨めっこしながらチェック。

シフト側についているシフトポジションセンサーはDの位置でも、ミッション側のインヒビタースイッチはDの検知をしていないときがあります。ただトランスミッション内部はD位置ですので普通に前進はしますがフェイルセーフモードとなり変速がおかしくなります。

インヒビタースイッチの単体点検をするとやはり接点が悪いので交換必要と判断。

交換にはミッションマウント/ブラケットを外す必要があります。

マウントブラケットを外したところです。むしろ交換済みになります。

交換後各部チェック→良好でございます。

ティプトロはインヒビターが必ず故障します。が新しい部品を確認しても部品番号は変わってないため改良はしない感じなのかな?

部品代が決して安くないのがネックですね!ワゴンRの10倍くらい。笑

 

M.T.S 水野

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください